産婦人科と共同開発したという話題のキャリネス葉酸(リッチファーティリティ)ですが、口コミではどういった評価が多いのでしょうか?気になりますよね?
その他にも妊活中から飲むべきなのか、効果的な飲み方はどういったものなのか見ていきたいと思います。

キャリネス葉酸(リッチファーティリティ)の口コミや評価はどんな感じ?

キャリネス葉酸を選んだ理由で多いのは、葉酸のサプリメントは他のメーカーから出ているのでたくさんの商品がありますが、産婦人科と共同開発したというところが、安全と信頼が持てるということになるみたいです。

葉酸のサプリメントといっても、すべて同じように思える方が多く、葉酸の含有量の多さには気づかなかった、わからなかったという口コミもあります。

サプリメントを飲んだ感想としては、

「多少のビタミンのような匂いはするが、特別にカプセルも飲みづらいということもない」

という意見と、

「もう少しカプセルが小さかったらよかった」

という意見があります。でも、

「子宮の状態が良くなった、飲んですぐに妊娠した」

という嬉しい口コミもあったりします。
そして葉酸以外のビタミンB群が配合されているので、肌がきれいになったという口コミも目立ちました。

また合成型葉酸がいいと聞いたので、このキャリネス葉酸にたどり着いたとか、やはり葉酸の含有量が他のメーカーの倍以上あるので、魅力を感じたと購入する理由は様々なものになります。

でも、多少値段が高いなどという口コミも多いことも事実です。

でもそれでも、産婦人科との共同開発、葉酸の含有量、そして葉酸が合成型葉酸でいいからと、このキャリネス葉酸のもつ大きな特徴、サプリメントの力が理解されているのかがわかると思います。

>>>※初めての方限定※キャリネス葉酸お試しはこちらから

成分はや安全性は大丈夫?

キャリネス葉酸(リッチファーティリティ)とは、葉酸の含有量が国内最高量配合、850μgが含まれており、そして着床に必要な栄養素、ビタミンD、亜鉛、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12が配合されていて、さらに厳選された環境において、産婦人科と共同開発した医学的にも裏付けされた信頼のできるサプリメントがこのキャリネス葉酸の大きな特徴になります。

まず、葉酸についてですが、ブロッコリーやホウレンソウに含まれている水溶性のビタミンB群の一種で、胎児が成長する過程においてとても必要な栄養素になるのです。

葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害の50~70%を予防できると言われています。

その他にも、葉酸は、受精・着床・生産率の上昇や先天性心疾患や口唇口蓋裂など先天性奇形の低減、流産率、早産率、死産率、妊娠高血圧症候群のリスク低減に効果があると言われています。

そしてそれに必要な葉酸の量は850μgなのですが厚生省での摂取上限は1000μgと言われています。しかし、医療現場などではそれ以上を処方することもあり、葉酸過剰での問題は報告されていないのです。

一般的な葉酸サプリメントの含有量は概ね400μgですが、この量は神経管閉鎖障害の予防できる最低の量なのです。
800μgになってくれば、神経閉鎖管障害の予防をさらに高めるだけではなく、排卵前の卵子を包む卵胞液の葉酸濃度が高まることで、質の良い卵子になる可能性があると言えます。

だから、キャリネス葉酸(リッチファーティリティ)は、葉酸の含有量を850μgとして、そしてさらなる特徴としては、葉酸は合成型葉酸になるのです。

実は天然の葉酸は体内への吸収率は50%と言われていて、合成型葉酸にすることにより、消化吸収が科学的に安定します。

キャリネス葉酸(リッチファーティリティ)は妊活・妊娠中に飲むべき?

キャリネス葉酸(リッチファーティリティ)は妊活・妊娠中に飲むべきなのか?
ではキャリネス葉酸は、妊活・妊娠中に飲むべきなのか考えてみます。

実は、体が葉酸をたくさん必要とする時期があるって知っていました?
その期間は妊娠準備期間から妊娠12週までと言われています。

では、この期間にキャリネス葉酸を飲むメリットを見てみましょう。

まず葉酸は胎児が成長するにあたって必要な栄養素でもあり、神経閉鎖障害の予防にもいいのですが、それ以外にも、配合されているビタミンDが、着床率を上げると言われています。

そして将来の生活習慣病の素因となる、着床前後のエピジェネティクス変化に関わる高用量葉酸と、ビタミンB12が250μg、ビタミンB6が30mg配合されているので、授かった子供の将来の健康へと寄与されていくのです。

また、栄養素をエネルギーにかえるビタミンB1、B2をそれぞれ20mg配合することによって疲労回復効果もあります。

そして、つわりの予防にもなるビタミンB6を30mg配合しており、これは肝臓のグリコーゲンを分解し、空腹時低血糖を改善することで、つわりの予防と緩和になるのです。

ビタミンB1を30mg配合して、つわりの増悪による、手足のしびれなどの予防にもなります。

ですので、キャリネス葉酸(リッチファーティリティ)は妊活をしているのなら妊活中から、飲むとメリットがあるサプリメントです。

妊娠がわかったら、妊娠12週まで、葉酸を一番必要としている時期に飲むべきサプリメントと言えます。

葉酸はどのタイミングでいつのむ?飲み方は?

妊活のファーストステップ、と言えばやっぱり葉酸の摂取ですよね。

実際に妊娠がわかった時、産婦人科では葉酸の摂取を勧められます。
そして本当に葉酸が必要なのは妊娠準備中から妊娠12週にかけて、なんです。

妊娠が判明するのは早い人で4週、通常では7週辺りになります。

その時から摂ってももちろん手遅れというわけではありませんが、もっと早い時期からの摂取が好ましいんですね。

妊娠したい、そう思ったらすぐにキャリネス葉酸(リッチファーティリティ)を飲み始めましょう。

キャリネス葉酸は合成型葉酸のサプリメント、消化吸収がよく安定しているため、効率よく摂取できるのが妊活中にかなり高ポイント!なんですよ。

飲むタイミングとしておすすめなのは、朝食後に1日の摂取量である2粒を飲むのがおすすめです。

ただし、胃腸の働きが弱い方は、体調を見ながら…食後30分以内に飲むのがおすすめですね。
空腹時にサプリを飲むと胃痛や吐き気の原因になることもあるので。
そういう方は、自分の体調に合わせて飲むのが一番です。

飲む時は水やぬるま湯で!
お茶やコーヒーとかジュース等では飲まないほうがいいです。

ちなみにこのキャリネス葉酸は葉酸以外にも積極的に摂りたい栄養素がたっぷり詰まっているから健康にもいいんですよ。

しっかり身体づくりをして赤ちゃんを迎え入れる準備、始めましょう!

キャリネス葉酸(リッチファーティリティ)はどこの販売店舗で買える?

キャリネス葉酸(リッチファーティリティ)は産婦人科医との共同開発によって生まれたサプリメントです。

身体への吸収率の良い合成型葉酸を使用しているという点、そして他の葉酸サプリとは違い850μg配合なのもすごいんですよね。
まさに実力派、医学的裏づけのある、画期的なサプリメントなんです。

そんなキャリネス葉酸(リッチファーティリティ)は近所のドラッグストア等で手軽に手に入るんでしょうか?
いろいろ調べてみたところ、その答えは…残念ながらNO!でした。
つまり、どこにでも売っている、というわけではないんですね。

ではどこで買えるのか、というと、キャリネス楽天市場店やキャリネスの公式サイトのオンラインストア、店頭購入できる場所については公式サイトのショップリストを参照ください。
関東・東京エリア、中部エリア、関西エリア、九州エリアに直接購入できる店舗が存在しています。

近くに買えるお店があれば店頭購入、近くにないようであればネットでの購入がおすすめです。

毎日しっかり飲んで、身体づくりに励みましょう。
妊娠しやすい環境を作るためには「続けること」それがとっても大切なんです。
これからめぐり合う赤ちゃんのためにも、自分の健康のためにもキャリネス葉酸(リッチファーティリティ)を毎日の生活にしっかり取り入れて見て下さいね。

↓キャリネス葉酸お試しはこちら↓