大手の有名企業が生産販売しているビーンスターク葉酸サプリ。
そのビーンスターク葉酸サプリの口コミは一体どういったものが多いのでしょうか?
また成分は?鉄とカルシウムはどちらを優先する?そんな悩みを解決します。

ビーンスターク葉酸サプリの口コミや評価はこんな感じ

ビーンスターク葉酸サプリは、赤ちゃん用の粉ミルクなどを製造販売している雪印メグミルクと大塚製薬会社の共同出資により誕生したビーンスターク・スノーから販売されているサプリメントです。

どちらも大手の有名企業で知名度もある事から、ビーンスターク葉酸サプリの口コミなどでも、信頼感を寄せている人が多い事が分かります。
確かにどこの会社かよく分からない所が発売しているサプリメントよりも安心して摂取する事が出来ますね。

また、フルーツ風味のタブレットタイプのサプリとなっていて、噛んでも舐めてもOKという点を高く評価している人が目立ちました。
サプリを飲み込むのが苦手という人も、美味しく葉酸を摂れると人気が高くなっています。
美味しいから忘れずに摂取出来るという点をメリットに上げている人も少なくあません。

ビーンスターク葉酸サプリは、リーズナブルで手に入りやすいお値段も口コミでは人気のポイントとなっています。
葉酸サプリの中には、コスパが良くない商品も多く長く摂取したくても続けにくいものもあります。
その点ビーンスターク葉酸サプリは、質の良いものがリーズナブルなお値段で提供されているから続けやすいと評価されているのです。

成分の配合量については、丁度良いという口コミと少し少ないという口コミが見られますね。

他にビーンスターク葉酸サプリの評価で気になるのは、成分に香料などの添加物が配合されている点を気にする口コミもあるという事です。
確かに無添加ではないので、その点が気になると評価する人がいても不思議ではありませんね。

口コミをまとめると、企業への信頼性に値段や摂りやすさへの評価は高く、成分の配合量については概ね満足、配合成分の内容については気になる点があると評価されている事が分かります。

>>>ビーンスターク葉酸詳細はこちら

ビーンスターク葉酸+鉄とビーンスターク葉酸+カルシウムの成分はどう違う?

ビーンスターク葉酸には鉄がプラスされているものと、カルシウムがプラスされているものがあります。
同じ葉酸サプリだけど、どっちを買おう?なんて悩む方も多いはず。
まずは成分はどうなっているのか見てみましょう。

ビーンスターク葉酸+鉄の全成分はぶどう糖、麦芽糖、レモン粉末果汁、コーンスターチ、ピロリン酸第二鉄、ステアリン酸カルシウム、酸味料(クエン酸)、香料、クチナシ色素、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム、 ビタミンB6、葉酸、ビタミンB1、ビタミンB2、甘味料(スクラロース)、ビタミンB12となっています。

1日1粒で厚生労働省が推奨している葉酸量の400μgを補う事が可能です。
更に鉄分も13mg含まれており、一粒で概ね妊娠初期に必要な鉄分の量を補えるようになっています。

妊娠後期は更に必要な鉄分量が多くなるため、一粒では十分ではないものの食事からの平均摂取量をプラスすれば問題ない量含まれています。
他にも6種類のビタミンB群を成分として含んでいます。

ビーンスターク葉酸+カルシウムの全成分はぶどう糖、ミルクカルシウム、でん粉/ステアリン酸カルシウム、酸味料(リンゴ酸、酒石酸)、香料、糊料(加工でん粉)、クチナシ色素、パントテン酸カルシウム、葉酸、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、甘味料(スクラロース)、ビタミンD、ビタミンB12、(一部に乳成分を含む)となっています。

こちらは1日の摂取量3粒に葉酸400μg、カルシウム200mgが含まれています。
カルシウム200mgは約牛乳1杯分のカルシウムと同じです。

またどちらのサプリにも使われている葉酸は、体内での利用効率が高いモノグルタミン酸型です。

妊活や妊娠初期は葉酸と共に摂るのは鉄とカルシウムどちらが良い?

妊娠初期で気をつけなければならないのは、身体の変化に伴う栄養不足です。
1人で2人分の栄養を摂らなければならなくなりますから充分に気をつけて補っていかなければなりません。

どの栄養もバランスよく摂取していくことが大切ですが、特に女性が慢性的に不足しがちな鉄分については優先的に摂ってくことをおすすめします。

妊娠しているしていないにかかわらず、多くの女性は慢性的な貧血状態になっているとされているからです。
自覚症状がなくても血液濃度が薄いかたが多く、妊娠後はその少ない鉄分が赤ちゃんを優先して使われるようになりますので、母体が鉄分不足に陥りやすくなります。

妊娠初期、赤ちゃんは成長のために多くの血液を作り出さなければならない時期ですし、その成長を助けるための栄養をやり取りする際にやはり血液が必要です。
そんな中で赤血球の材料である鉄分が足りなくなってしまっては、母体、赤ちゃん共に健康状態に悪影響が出てきてしまいます。

カルシウムに関しても赤ちゃんの骨や歯の育成に利用されますから、母体からも不足しがちではあります。
もちろんこちらも積極的に摂取していくことが必要になりますが、カルシウムは乳製品などから比較的摂り入れていくことが容易です。

しかし鉄分に関しては吸収率が低く、意識していても食事からの摂取では不足しやすいのです。

そのため、サプリメントなどでサポートを考えるのであれば、優先的に考えていきたい成分になります。

妊活の葉酸はいつから摂るのが理想的?

赤ちゃんが欲しいので妊活を始めよう、そう決意したらそれが吉日、赤ちゃんのために葉酸を摂り始めるのは早ければ早いほどいいので、その日から摂取を開始するのがおすすめです。

多くのかたが葉酸摂取のためにサプリメントの利用を考えるでしょうが、そうして1日の必要摂取量を意識して葉酸を摂り始めても、その栄養が充分に身体を満たして作用し始めるためには1ヶ月から2ヶ月はかかるとされています。

妊活に成功して赤ちゃんができたときには体内に葉酸が充足していなければなりませんので、早い段階で葉酸を摂取し始めていなければ妊娠までに赤ちゃんのために必要な葉酸が間に合わなくなってしまうのです。

ただ、妊娠発覚後に摂り始めても遅いということはありません。

葉酸の働きが最も重要となるのは妊娠前から11週目程度までとされていて、赤ちゃんができてからもお腹の中で成長をしていくために葉酸は必要なのです。

この期間の葉酸の摂取は赤ちゃんの先天性異常のリスクを軽減させ、早産や流産の予防に役に立ちます。

できるだけ早くから葉酸を摂取していくことが望まれますが、妊娠がわかった後からでもこうしたリスクを減らしていくために、遅かったと諦めずに摂取をするようにしてください。

ビーンスターク葉酸は楽天が最安値?その他の販売店は・・

妊活・妊娠初期には葉酸は必須の成分と言えますよね。

では、ビーンスターク葉酸は一体どこで手に入れることができるのでしょうか?

ビーンスターク葉酸サプリのシリーズは、楽天で購入する事が出来ます。取り扱い店舗が多く、お店によって値段が異なるため楽天を利用する際には比較して購入する事をオススメします。

また楽天で購入する際は、送料のことも考慮して購入するべきです。
例え製品価格は安くても、送料が高いというケースもあるのでトータルで判断しましましょう。
まとめ買いなら送料が無料となり、お安く買えることもあります。

ビーンスターク葉酸サプリは、楽天以外のネットショップでも購入する事が可能です。
大手ならAmazonやYahoo!ショッピングなどでも購入する事が出来ますよ。

サプリの中にはネット通販でしか購入出来ない製品もありますが、ビーンスターク葉酸サプリは、店頭でも購入可能です。

例えば、全国展開をしているような大手ドラッグストアはもちろんのこと、小さな薬局でもサプリメントや赤ちゃん用のオムツやミルク、歯磨きなどのアイテムを置いているところだと取り扱っているところも珍しくありません。

また、ドラッグストアや薬局以外でも赤ちゃん用品の専門店でも取り扱いが多くなっています。

このようにビーンスターク葉酸サプリは、楽天で購入する事も出来ますし、それ以外の場所でも比較的手に入りやすい製品だと言えます。
こうして手に入りやすいからこそ、ビーンスターク葉酸を利用する方も多いのかもしれませんね。