「男の子が欲しい!」「女の子が欲しい!」という希望により、産み分けをするご夫婦も増えてきましたね。

以前は産み分けのために通院するという方法を取っていましたが、今では市販で産み分けゼリーが購入できるようになり、その中でも人気ナンバー1を誇るのがベイビーサポートです。

今回はベイビーサポートの口コミや特徴まで幅広くご紹介していきたいと思います。

ベイビーサポートの購入方法とは?

まずはベイビーサポートの購入方法を調べてみました。
ベイビーサポートはどこに売っていて、どこで購入するとお得で便利に買えるのか参考にしてみてください。

まずベイビーサポートは薬局やドラッグストアで購入することはできませんので、手に入れるにはインターネット通販を利用することになります。

大手ショッピングサイトである楽天やamazonでもベイビーサポートの取り扱いはあり、お値段も公式サイトとそこまで変わりません。

そうなると手軽に日頃から利用している楽天やamazonで購入するのが一番と思われるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

実はベイビーサポートは公式サイトで購入すると、おめでた返金キャンペーンというお得なサービスが用意されているのです。

おめでた返金キャンペーンとは、公式サイトで2箱または3箱のおまとめコースで購入した際に、めでたく妊娠して余ったぶんのベイビーサポートを1本1000円で買い取ってくれるというものです。

おめでた返金キャンペーンを利用する際には、2箱または3箱のおまとめコースで購入すること、ベイビーサポートが未開封であること、エコー写真をメールで送ることが条件となります。

それに加えて、おまとめコースなら3箱で30%オフ・2箱で20%オフになりますので、お値段もお得になるうえに返金キャンペーンもついてくるとなれば、断然ベイビーサポートは公式サイトでの購入が便利でお得なのです。

>>>【ベイビーサポート】公式ショップはこちら

ベイビーサポートの口コミや評価はどんな感じ?

簡単で手軽に産み分けが出来ると評判のベイビーサポートですが、口コミでの評価が気になるところですよね。

そこで実際にベイビーサポートを利用した方々の口コミや評価をいくつかご紹介したいと思います。

・産み分けゼリーを使用するのは初めてでしたが、簡単すぎてびっくりしました。

・返金キャンペーン中だったので、思い切って3セット購入しましたが、結果めでたく3セット目の2本目で妊娠しました。返金で5000円返ってきたので嬉しかったです。

・ベイビーサポートで産み分けに成功した知人から勧められて購入しました。使用感も良く、使い方も簡単で、雰囲気も乱れないし満足しています。

・「国産」「返金キャンペーン」「使いやすい」という点で評判のベイビーサポートを購入しました。9本目でめでたく妊娠し、希望通りの女の子で大満足です。

意外なことに、ベイビーサポートの口コミを色々見ていると、驚くほど悪い口コミが見つかりませんでした。

使い勝手が良く、使用感も満足されている方が多いようで、納得のいく結果を得られたというご夫婦も非常に多いようです。

中には希望とは違う性別での妊娠に至ったというご夫婦もおられるようですが、お子さんを大事に育てていくことに変わりはなく、どんな結果でも嬉しさは一緒ですよね。

100%産み分けが成功するという商品ではありませんが、ベイビーサポートが産み分けの手助けをしてくれる商品であることは間違いありません。

ゼリーでの産み分けの効果とは?

ベイビーサポートを使用するにあたって、やはり気になるのが産み分けの効果だと思います。

そこでベイビーサポートの産み分け効果について、産み分けの仕組みを元に説明していきたいと思います。

ベイビーサポートとは女性の膣内にゼリーを挿入して、膣内のPH調整を行うことによって産み分けの確立を高めるという商品になります。

男性の精子には染色体が存在しており、染色体のYは男の子、Xは女の子になります。

Yの精子はアルカリ性に強く、膣内をアルカリ性に保つことにより働きが活発になります。

逆にXの精子は酸性に強く、膣内を酸性に保つことによって働きが活発になります。

この原理を利用して産み分けの確立を高めるのが、ベイビーサポートの仕組みというわけです。

つまりベイビーサポートボーイは、膣内をアルカリ性に変え、ベイビーサポートガールは膣内を酸性に変える作用があります。

ベイビーサポートの産み分け成功率は79.9%と言われており、ほぼ80%という効果を得られています。

ベイビーサポートボーイの場合は排卵日当日の使用、ベイビーサポートガールは排卵日2日前に使用することで、より成功率を高めると言われています。

これは排卵日の前後で膣内の環境が変化するためで、普段から排卵日を正確に把握しておくことが重要になります。

とは言えど、やはり産み分けの成功率は100%ではありません。例え男の子でも女の子でも、愛情を持って育てるという思いが、夫婦の中で何よりも幸せなことですね。

産み分けゼリーの使い方とは

ベイビーサポートは使い方も非常に簡単で手軽なのも人気の秘密です。

今まで産み分けゼリーを使用したことのない方でも安心して使えますので、是非参考にしてみてください。

まずベイビーサポートは1本1本が個別包装の使い切りになっています。

以前の産み分けゼリーは1回毎に吸い上げる注射器タイプでしたが、個別包装なら清潔感があり、衛生面でも安心して使用できますね。

袋から取り出したベイビーサポートは、先端にキャップがついていますので、それを取り外します。

それから容器の半分程度を膣内に挿入して、ピストンを押して注入します。

注入のタイミングは性交の5分前から直前がベストで、ゼリーが流れ出ないように横向きの体制で注入することが望ましいです。

自分で注入することは難しいので、パートナーに協力してもらうとスムーズに行えます。
ベイビーサポートの内容量は、一度で膣内に十分に行き渡る4.5mlとなっていますので、一回に使用する本数は1本で大丈夫です。

産み分けゼリーのような商品を初めて使う場合には少し身構えてしまうかもしれませんが、ベイビーサポートは使い方も非常に簡単なうえに、ご夫婦が最良の結果を得られるようこだわって作られた製品なので、シンプルで手軽に産み分けのサポートをしてくれます。

ベイビーサポートとハローベビーの違いはどんな感じ?

ベイビーサポート以外にも、市販で購入できる産み分けゼリーで人気な商品にハローベビーがあります。

どちらも似たような商品ですが、どちらを選んで買えばよいのか迷ってしまいますよね。

そこでベイビーサポートとハローベビーそれぞれの特徴と違いを比較してみたいと思います。

ベイビーサポートとハローベビーは、容器も非常に良く似ており、どちらともシリンジ容器にゼリーが入っており、きちんと個別包装されています。

先端のキャップを外して膣内に挿入し、ピストンしてゼリーを注入するという使い方も全く同じです。

ただし違いがあるのは、中に入っているゼリーの量です。

ベイビーサポートは1本にゼリーが4.5ml入っているのに対し、ハローベビーは1.6mlと、約3倍もベイビーサポートの方が中身が多いのです。

膣内にまんべんなく産み分けゼリーを行き渡らせるのに必要とされる量は3~5mlと言われており、そうするとハローベビーは1回につき2本分の量を使用することになりますが、ベイビーサポートならば1回につき1本で十分な量だと言えます。

ベイビーサポートもハローベビーも、両方とも同じシリンジ型で使い方も簡単、個別包装になっており衛生面もバッチリなほか、国内の天然成分で出来ているので安全面もしっかりしています。

ただし、充分な量をまかなうことを考えると、1本だけで済むベイビーサポートの方がコストパフォーマンスも良く、おめでた返金キャンペーンも利用すれば結果的にベイビーサポートの方がお得であると言えます。

↓ベイビーサポート詳細はコチラ↓
ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)