ハーブ本場のヨーロッパで約200人の妊婦さんを対象に行われた実験で結果を出したと言われる安産の為のハーブティー。

やはり出産に不安はつきもの・・。少しでも落ち着いて出産に挑みたいですよね!

そこで、今人気のamoma安産ハーブティーについて効果や口コミ安全性など色々と調べてみました!

amoma安産ハーブティーの効果はこんな感じです

amoma安産ハーブティーとは、ラズベリーリーフティーとも言い、妊娠後期の妊婦さんにおすすめされてきたハーブティーです。

amoma安産ハーブティーの主成分はフラガリンといい、女性の子宮や骨盤周りの筋肉を弛緩、収縮させる働きがあると言われています。

安産ハーブティーを飲んだ妊婦さんは、飲まなかった妊婦さんと比べて出産が楽になった、安産になったという結果がヨーロッパの実験で出ています。

具体的には、子宮口が前回になってから赤ん坊が出てくるまでの分娩時間が平均で9,6分短くなったり、吸引分娩の割合が低くなったりします。

妊娠8か月から出産までの3か月間、一日二回amoma安産ハーブティーを飲んだ結果このような効果があったとされています。

摂取量は、「一日1,2グラムを二回」を守って飲むと上記のように妊婦さんにとって嬉しい効果が表れます。

また、amoma安産ハーブティーは、子宮の収縮をサポートするだけではなく、出産前の陣痛の痛みを和らげる効果もあるのです。

ハーブティーですので、陣痛や出産前の落ち着かない不安定な気持ちを軽減し、落ち着かせてくれることもできます。

冬場はホットで飲むと、血行を良くして身体を温めてくれますし、夏ならアイスで飲むと水分補給にもなるのでおすすめです。

>>>もっと詳しい安産ハーブティーの詳細はこちら

効果的な飲み方と注意するポイント

amoma安全ハーブティーの効果的な飲み方は

「一回当たり1,2グラムを一日二回」です。
amoma安産ハーブティーは1,2グラムをワンパックのティーバッグにしているのでグラム数を計算することなく簡単に摂取できます。

これは、ヨーロッパでの臨床試験で実績のあった量で妊娠8か月から出産までの3か月間この量を飲んだ妊婦さんは飲まなかった妊婦さんに比べて出産が楽になったとデータが出ています。

一つのティーバッグに対して、約98度のお湯を200mlから300ml注ぎ、約3分待ちます。
すると、綺麗な黄金色になるので、ハーブの香りを楽しんでリラックスしてお飲みください。

このときに、ハーブの粉末が浮くことがありますが、品質に問題はありませんので安心してください。

しかし、たくさん飲めばいいのでありません。
amoma安産ハーブティーはマグネシウムが豊富に含まれているので、あまりたくさん飲みすぎてしまうと血圧が低下することがあります。

上記の通り、一日二杯程度が適量ですので守って飲むことをおすすめします。

注意していただきたいのは、妊娠初期から中期の妊婦さんamoma安産ハーブティーのご使用を控えて頂きたいということです。

子宮の収縮作用があるので、この時期の妊婦さんは飲まないでください。

成分や安全性は大丈夫?

amoma安産ハーブティーは100パーセントオーガニックで、ノンカフェインです。もちろん、無香料、無着色で安心してお飲みいただけます。

配合ハーブも、ラズベリーリーフ100パーセントです。

また、amoma安産ハーブティーは、ヨーロッパでの妊婦さんに対して行われた安産データから「1,2グラム」にこだわって作られています。

一番効果があったグラム数で、少なくも多くもない安全な量をワンパックのティーバッグにしています。1,0グラムでも1,5グラムでもなく、1,2グラムがamoma安産ハーブティーのこだわりです。

さらに、amoma安産ハーブティーでは、有機栽培認証という日本のオーガニック認定マークを取得したオーガニックハーブのみを使用しています。農薬は化学肥料を使用していないなどのJASの有機栽培基準を満たしたものの身に着けられる安心の認定マークです。

ハーブティーの製造やブレンドも、すべて日本国内の提携工場で行っていて、より新鮮な状態で注文にこたえるために大量生産をするのではなく、その都度必要な分を少数生産するという生産方法を採用しています。

妊婦さんという、新しい命を宿した大切な体に安全で安心なハーブティーを製造しているのがamoma安産ハーブティーです。

amoma安産ハーブティーの口コミや評判はどんな感じ?

amoma安産ハーブティーの効果や効能はよくわかりましたが、実際のところの評判も気になりますよね。

そこで、amoma安産ハーブティーの口コミや評判を調べてみました。

・30代女性
始めはamoma安産ハーブティーの存在を知りませんでした。臨月に入ったころに偶然見つけて飲み始めました。味は飲みやすく、これなら続けられると思いました。初産なのに、子宮口がスムーズに開き、陣痛が10分間隔になってからは3時間で出産できました。お医者さんにも安産だったと太鼓判を頂きました。

・20代女性
予定日のひと月くらい前から飲み始めました。8か月からがいいとあったので効果があるか不安でしたが、陣痛室に入ってから2時間で子宮口が前回になり、助産師さんも驚いていました。頭の大きな子で、吸引分娩の心配をしていましたが自然分娩で済みました。飲んで本当に良かったです。

・30代女性
臨月に入ったので購入しました。ハーブティーといっても、癖がなく食事と一緒に飲めるので気に入っています。美味しいので「飲まなきゃ」という義務感もありません。安産を期待して飲み続けます。

というように、おおむね高評価の口コミが多かったです。
出産前なので、効果はわからないけれど、飲み始めて気持ちは落ち着くようになったという声もありました。

かなり口コミ、評判共に良いハーブティーといえますね。

amoma安産ハーブティーの販売店はどこ?お得なのは?

amoma安産ハーブティーの効果がわかったところで、どこで販売しているのか気になりますよね。

amoma安産ハーブティーはネット通販で購入できます。
アマゾンや楽天でも扱っていますが、おすすめは公式サイトでの購入です。

公式サイトからですと、お得なセット購入が何通りもあり送料も無料になっています。

・3袋セット 1203円 (一袋当たり100円お得!)
・5袋セット 1110円 (一袋当たり200円お得!)
・母乳育児応援セット 1944円 

通常、単品購入すると一袋1295円で送料250円かかるので、例えば5袋セットと比べると1250円もセットのほうがお得になります。

一袋には30パック入っていて推奨量通り一日二回飲むとするとひと月に2袋は使う計算になります。

妊娠8か月から出産までの3か月飲むとすると単純計算で6袋は必要です。やはり5袋セットがかなりお得に見えてきますね。

ちなみに、amoma安産ハーブティーは出産後に飲むと母乳分泌を良くしてくれて、母体の回復を高める効果があるとされています。さらに、子宮の戻りを助けてくれて、鉄分も補給できるので産後の貧血の解消にも役立ちます。ですので、産後もしばらくは飲み続けるほうがおすすめです。

↓安産ハーブティーの詳しい情報はこちら↓